・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
気になる健康&美容情報
 
〜 健康や美容についての気になる情報を集めてみました 〜
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年01月07日

アンチエイジングな食べ方

楽しみです(^_^)』で、抗加齢医学について取り上げましたが、老化を防ぐとされる食事法について紹介している記事があったので、紹介します。

まずは、1日3回(朝・昼・夕)きっちり食事をとること。
朝食を抜く人がいますが、朝食を抜いて昼食を食べると、炭水化物の代謝を調整するインシュリンが過剰に反応して、肝臓や脂肪細胞などにエネルギーを蓄積しようと働くようです。

カロリーの低い野菜から食べる。
野菜の食物繊維が炭水化物などを蓄えることによって、胃腸での吸収を遅らせるよう働くようです。
そういえば、洋食のコースメニューが前菜からスタートしますね。

これは、理にかなっているということですね。

1口につき30回以上かんで食べる。
かむと脳にある前頭葉の血流を増やすよう働くそうです。
前頭葉は、
社会的に好ましい規範に適合するように行動を調整する機能があり、長期記憶の保持における重要な役割も担っているとされているようですから、重要ですね。
30回もかむということは、硬いものを食べるということ。
毎日麺類ばかり食べていたのでは、いけません。

食べ過ぎはしない。
食べ過ぎると過酸化脂質などを増やすよう働くそうです。
過酸化脂質は老化を促進するといわれている物質。
食べ過ぎは禁物です。

食は健康の源ですね。
アンチエイジングのために、食事のとり方にも気をつけたいものです。


10
歳若返る!アンチエイジング食事法』 
増尾 清  中経出版
食品のプロが教える活性酸素を退治する食べ方。
気になる肌の症状にあわせて、必要な栄養素、食材を紹介。
意識して、重点的に摂取することでアンチエイジング効果は高まります。
 



詳細は画像をクリック↑↑↑



posted by ゲンジボタル at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事<アンチエイジング> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
*「情報」は、紹介記事です。
*感想や記事に関連する情報などがあれば教えてください。(各記事の右下にある『Comment』をクリックしてください。) いただいた 感想などは、記事等のなかで、ご紹介したり引用をさせていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。 なお、誹謗・中傷などは、ご遠慮くださいね。     *記事へのトラックバックURLは、各記事の右下にある『TrackBack』をクリックして確認してください。(承認したトラックバックのみ表示されます。 )     *正常に表示されない場合は、文字のサイズを「中」以下にしてみてください。 Microsoft IEの場合:「表示」→「文字のサイズ」→「中」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。